増岡組
企業情報 実績紹介 技術情報 不動産情報 工事事業所情報 リクルート インフォメーション TOP
増岡組HOME サイトマップ お問い合わせ リンク集

企業情報

ごあいさつ
会社概要
理念
品質
沿革
事業所
関連会社
増岡組の100年

沿革


当時の増岡商店
1900 1888(明治21)年 増岡商店創設
1908(明治41)年   増岡登作、増岡商店を改組。海軍の御用商人として活躍。
1930 1932(昭和7)年   大阪・横須賀・岩国・広島・広に出張所設置。
1935(昭和10)年   東京・佐世保に出張所設置。
1940 1943(昭和18)年   日本土木建築統制組合中央会創会、戦時協力体制となる。
1945(昭和20)年   軍従属会社から、戦後の平和産業へと転換。
呉市に於いて呉復興建設組合を創設。いち早く、戦後復興に立ち上がる。
1946(昭和21)年   増岡登作、呉商工会議所会頭に就任。
1947(昭和22)年   東京支店開発計画が決定される。鉄鋼ビルプランが打ち出された。
1948(昭和23)年   株式会社増岡組に改組改名。資本金1,000万円でスタート。

着工当時の
1950 1950(昭和25)年   第1鉄鋼ビル完成。
1954(昭和29)年   第2鉄鋼ビル完成。
1970 1971(昭和46)年   資本金5億円に増資。
1974(昭和49)年   1月1日東京に本社移転。
1980 1981(昭和56)年   建築の受注競争激化に伴い、技術開発の推進やTQCによる競争力の強化計画を打ち出す。
1988(昭和63)年   資本金10億円へ増資。創業80周年(グループ創設100周年)を迎える。

1990 1991(平成3)年   国宝厳島神社災害復旧工事受注。
1994(平成6)年   松江支店開設。
1999(平成11)年   ISO9001認証取得。
2000 2001(平成13)年   福山支店開設。
2003(平成15)年   益田営業所開設。
ライフサイクルコスト算出システム(Masuters Mouse)を開発。
「Masuters」及び社内ネットワークの完成、基幹システム(原価・財務・人給)、営業支援システム導入、業務の効率化を図る。
2004(平成16)年   国宝厳島神社台風18号災害復旧工事受注。
2005(平成17)年   英文社名標記を「MASUOKA Architectural Contractors Inc.」に変更。建設業としての役割を大きくアピール。
環境技術研究所(エコラボ)開設(呉市)。
2006(平成18)年   三次営業所開設。
地域貢献活動(メダカ交流会)を開始。
2007(平成19)年   株式会社増岡マテリアルズ設立。
株式会社増岡組リノベーション設立。
2008(平成20)年   創業100周年を迎える。
ハノイ駐在員事務所を開設。
品質管理体制の強化、管理の「見える化」を推進。
コストマネジメントの強化、新原価管理システムの導入。
災害時事業継続計画(増岡組BCP)完成。
2009(平成21)年   設計・積算マネジメント精度向上システムの導入。
全社安全環境対策マニュアル策定、安全確保の強化、推進。
CFT認定の取得。
資本金11億円へ増資。

ハイズオンガーデン
2010 2010(平成22)年   建造物のより良い環境づくりと長寿命化を推進する「地球・長持ち創造」事業の開始。
COP10生物多様性交流フェア フォーラム参加。
2011(平成23)年 ADO INC. ベトナムハノイに事務所開設。
TMベトナム開発有限会社(TMVD)をベトナムハノイに開設。
屋上緑化(スマートグリーンルーフ)を開発。
省エネルギー算出システム(エコマウス)を開発。
自社開発事業クレイス月島キャナルフロント竣工。

2012(平成24)年 4月9日 新鉄鋼ビル建設に伴い、本社・東京支店を移転。
2013(平成25)年 ベトナムハイズオン省ハイズオン市にサービスアパートメント『ハイズオンガーデン』をオープン。
2014(平成26)年 自社開発事業(仮称)赤坂二丁目プロジェクト新築工事竣工。
OMD Co.,Ltd. カンボジアプノンペンに設立。
2015(平成27)年 11月2日 鉄鋼ビル完成に伴い、本社を移転。
2016(平成28)年 3月24日 株式会社ADOプランニング設立。
4月1日 浜田営業所開設。

総合建設業の担い手として、歴史と伝統のMASUOKAの真価を発揮。
各方面からのニーズに応えるべく、邁進しつつある。
 

Copyright2005 MASUOKAGUMI. All rights reserved.